JSCTロゴマーク 第46回日本中毒学会総会・学術集会(The 46th Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Toxicology)

プログラム・日程

【理事会】
日 時: 7月23日(火)13:00-15:00
会 場: 神戸市立医療センター中央市民病院 講堂

【評議員会(社員総会)】
日 時: 7月23日(火)15:30-17:00
会 場: 神戸市立医療センター中央市民病院 講堂

【総会】
日 時: 7月24日(水) 13:00-13:30
会 場: 第1会場 (神戸国際会議場 1階 メインホール)

  • 理事会、評議員会と総会の場所が異なりますのでお気をつけください。

一般演題(ポスター発表)

日 時: 7月24日(水)17:00~18:00
会 場: 神戸国際会議場 3階 レセプションホール

  • 本会でのポスター発表は自由討論形式となります。
    発表者は上記日時にご自身のポスター前に待機し、閲覧者と質疑応答をおこなってください。

自殺予防と中毒

基調講演  自殺予防と中毒 薬物依存を中心に

  • (*救急科領域講習 1単位)
  • (クリニカルトキシコロジスト認定・更新セミナー)

日 時: 2024年7月24日(水) 9:00-10:00
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

座 長: 宮内 雅人 高知大学医学部 災害・救急医療学講座

自殺予防と中毒~薬物依存を中心に
演 者: 松本 俊彦 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部

パネルディスカッション  中毒・自殺の裏側を考えてみる

日 時: 2024年7月24日(水) 10:00-12:00
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

座 長: 中谷 宣章 東京慈恵医科大学 救急医学講座

自殺の生物学的背景
演 者: 朴 秀賢 熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学講座

物質依存
演 者: 盛山 宗太郎 慶應義塾大学病院 精神・神経科学教室

学校教育における自殺対策
演 者: 仲村 健二 文部科学省 初等中等教育局 児童生徒課

臨床現場での薬物中毒による自殺未遂
演 者: 藤田 宏史 医療法人山西会三田西病院 院長/一般社団法人兵庫県医師会 常任理事

病院前救護、災害と中毒

基調講演  災害と中毒 化学災害を中心に

  • (*救急科領域講習 1単位)

日 時: 2024年7月24日(水) 13:30-14:30
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

座 長: 服部 雄司 国立病院機構東近江総合医療センター 薬剤部

災害と中毒 化学災害を中心に
演 者: 大西 光雄 国立病院機構大阪医療センター 救命救急センター

パネルディスカッション  多職種で考える!病院前中毒診療の課題とその解決に向けて

日 時: 2024年7月24日(水) 15:00-17:00
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

座 長:
廣瀬 智也 大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター
井上 彰 明石医療センター 救急科

医師の立場から
演 者: 戸上 由貴 国立病院機構 大阪医療センター 高度救命救急センター・TXP Medical株式会社

薬剤師の立場から
演 者: 鈴木 善樹 埼玉医科大学病院 薬剤部

消防の立場から
演 者: 菊池 悠 神戸市消防局 救急課

医薬品、食品、医薬部外品に関わる行政施策の展開(特に中毒の視点から)
演 者: 小谷 聡司 国立病院機構本部 DMAT事務局 新興感染症対策課

多職種で考える!病院前中毒診療の課題とその解決に向けて
演 者: 三瀬 雅史 公益財団法人 日本中毒情報センター

経営者目線で考える二次救急医療機関における中毒患者の救急応需
演 者: 薬師寺 泰匡 薬師寺慈恵病院 救急科・岡山大学病院 高度救命救急センター

ERと中毒

基調講演  ERと中毒 ピットフォールを中心に

  • (*救急科領域講習 1単位)

日 時: 2024年7月25日(木) 9:00-10:00
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

座 長: 志賀 隆 国際医療福祉大学 救急医学

ERと中毒 ピットフォールを中心に
演 者: 林 寛之 福井大学医学部附属病院 救急科総合診療部

パネルディスカッション  ERと中毒

日 時: 2024年7月25日(木) 10:00-10:50
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

座 長:
千葉 拓世 国際医療福祉大学成田病院 救急科
薬師寺 泰匡 薬師寺慈恵病院 救急科

ニューメキシコ大学における、依存症患者に対する画期的なER
帰宅後フォローアップの工夫とは?

演 者: 乗井 達守 Department of Emergency Medicine, University of New Mexico Health Sciences
               Center

急性中毒は「二次」?「三次」?
演 者: 吉永 雄一 関西メディカル病院 救急集中治療部・関西メディカル病院 ERセンター
               大阪府豊能地域メディカルコントロール協議会

ERと中毒 ~薬剤師と協働する医師の観点から~
演 者: 佐藤 洋祐 医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院 救急集中治療センター

ERと中毒 ~ER専従薬剤師・救急専門薬剤師&クリニカル・トキシコロジストの立場から~
演 者: 齋藤 靖弘 医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院 薬剤部
               医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院 臨床試験センター 医学研究所

若年者による急性薬物中毒の実態調査
演 者: 山本 理絵 東海大学 医学部総合診療学系救命救急医学

ERと中毒 ~トキシコロジスト志望専攻医の苦悩~
演 者: 石橋 拓恵 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

君は中毒王になれるか?―ERでの中毒、診断のコツ、裏技など

日 時: 2024年7月25日(木) 11:00-11:30
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

司 会: 薬師寺 泰匡 薬師寺慈恵病院 救急科

自然毒、抗毒素血清と中毒

特別講演  A Romanticist and a Gentleman

  • (クリニカルトキシコロジスト更新セミナー)

日 時: 2024年7月25日(木) 13:00-14:00
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

座 長: 有吉 孝一 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

A Romanticist and a Gentleman
演 者: 北里 英郎 北里柴三郎記念館

教育講演  血清療法のなぜとなに 自然毒を中心に

  • (*救急科領域講習 1単位)
  • (クリニカルトキシコロジスト認定・更新セミナー)

日 時: 2024年7月25日(木) 14:00-15:00
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

座 長: 山本 明彦 国立感染症研究所 安全実験管理部第三室

血清療法のなぜとなに 自然毒を中心に
演 者: 一二三 亨 聖路加国際病院 救急科

シンポジウム  自然毒、抗毒素血清と中毒

日 時: 2024年7月25日(木) 15:00-17:00
会 場: 第1会場(1階 メインホール)

座 長: 一二三 亨 聖路加国際病院 救急科

国内における毒蛇咬傷とその問題点
演 者: 堺 淳 一般財団法人 日本蛇族学術研究所

血清療法の最前線:米国ニューメキシコ州におけるガラガラベヒ咬傷との戦い
演 者: 乗井 達守 Department of Emergency Medicine, University of New Mexico Health Sciences
              Center

小児と中毒

基調講演  漂えど沈まず、然れども流されず 〜Think worst firstから始めるこどもの中毒〜

日 時: 2024年7月24日(水) 10:00-10:20
会 場: 第2会場(3階 国際会議室301)

座 長: 伊原 崇晃 兵庫県立尼崎医療センター 小児科

漂えど沈まず、然れども流されず 〜Think worst firstから始めるこどもの中毒〜
演 者: 林 卓郎 兵庫県立こども病院 救急科

基調講演  小児の中毒診断と予防:小さな患者と大きな盲点

日 時: 2024年7月24日(水) 10:20-10:40
会 場: 第2会場(3階 国際会議室301)

座 長: 林 卓郎 兵庫県立こども病院 救急科

小児の中毒診断と予防:小さな患者と大きな盲点
演 者: 伊原 崇晃 兵庫県立尼崎医療センター 小児科

パネルディスカッション  どんな感じかな〜 子どもの中毒

日 時: 2024年7月24日(水) 10:40-12:00
会 場: 第2会場(3階 国際会議室301)

座 長: 
林 卓郎 兵庫県立こども病院 救急科
伊原 崇晃 兵庫県立尼崎医療センター 小児科

これも中毒 日常的に内服/処方している薬でも起こりうる小児の薬物中毒
演 者: 伊藤 友弥 あいち小児保健医療総合センター 小児救命救急センター

子どもはコレで中毒に!身の回りの意外な危険、どう伝えれば届くのか?
演 者: 坂本 昌彦 佐久総合病院佐久医療センター 小児科

こどもと中毒 〜小児科医と協同してできることは何か?〜
演 者: 塚原 鉱平 岡山大学病院 救命救急科

こどもと中毒~ER型救命救急センターからの報告
演 者: 松岡 由典 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター
               神戸市立医療センター中央市民病院 臨床研究推進センター学術研究推進部
               京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医療疫学分野

自殺目的に大量服薬をしたミドドリン塩酸塩中毒の1例
演 者: 横藤 壽 岩手医科大学 救急災害医学講座

拮抗剤、分析と中毒(毒性学会と協同)

基調講演  毒性学revisited -生命科学のパラダイムシフトと毒性学の進展-

日 時: 2024年7月24日(水) 13:30-14:30
会 場: 第2会場(3階 国際会議室301)

座 長: 大谷 典生 聖路加国際病院 救急科・救命救急センター

毒性学revisited -生命科学のパラダイムシフトと毒性学の進展-
演 者: 北嶋 聡 国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター毒性部

パネルディスカッション  拮抗薬・分析と中毒

日 時: 2024年7月24日(水) 15:00-17:00
会 場: 第2会場(3階 国際会議室301)

座 長: 
大谷 典生 聖路加国際病院 救急科・救命救急センター
松尾 和廣 東邦大学薬学部 臨床薬学研究室

薬毒物分析のススメ
演 者: 喜屋武 玲子 埼玉医科大学病院 臨床中毒科

薬学部教員として薬物中毒分析に携わった経験を通して
演 者: 安藤 基純 愛知学院大学 薬学部 医療薬学科

臨床現場に適した薬毒物定量分析法の開発と薬剤師の挑戦
演 者: 森川 剛 岩手医科大学 法科学講座法医学分野

薬物分析の当院の体制、現状と課題
演 者: 福原 輝希 堺市立総合医療センター 臨床検査技術科

薬毒物中毒に精通する救急外来スタッフが少ない中での臨床検査技師に求められる役割
演 者: 河井 伸午 名古屋徳洲会総合病院 検査科

ICUと中毒

基調講演  ICUと中毒

日 時: 2024年7月25日(木) 9:00-10:00
会 場: 第2会場(3階 国際会議室301)

座 長: 井上 貴昭 筑波大学医学医療系  救急・集中治療医学

リスクの観点から見た中毒学
演 者: 中島 和江 大阪大学医学部附属病院 中央クオリティマネジメント部

血液浄化療法に関する推奨とEXTRIP
演 者: 土井 研人 東京大学医学部付属病院 救急・集中治療科

パネルディスカッション  ICUと中毒

日 時: 2024年7月25日(木) 10:00-12:00
会 場: 第2会場(3階 国際会議室301)

座 長: 
竹川 良介 大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター
戸上 由貴 国立病院機構 大阪医療センター 救命救急センター・TXP Medical株式会社

集中治療における薬剤師の働き~中毒診療の観点から~
演 者: 前田 幹広 聖マリアンナ医科大学病院 薬剤部

ICUにおけるポリファーマシー
演 者: 矢吹 拓 国立病院機構栃木医療センター 内科

中毒診療における薬物動態学の考え方
演 者: 友田 吉則 北里大学 薬学部 薬物動態学

中毒における血液浄化療法:HD・CHDFについて
演 者: 杉田 学 順天堂大学医学部附属練馬病院 救急・集中治療科

法医学と中毒

基調講演 法医実務における急性薬毒物中毒-原因物質の多様性と死因診断の難しさ-

日 時: 2024年7月25日(木) 14:00-14:45
会 場: 第2会場(3階 国際会議室301)

座 長: 山崎 健太郎 山形大学大学院医学系研究科 医学専攻 法医学講座

法医実務における急性薬毒物中毒-原因物質の多様性と死因診断の難しさ-
演 者: 浅野 水辺 愛媛大学大学院医学系研究科 医学専攻 法医学講座

シンポジウム  法医学と中毒

日 時: 2024年7月25日(木) 14:45-17:00
会 場: 第2会場(3階 国際会議室301)

座 長: 
浅野 水辺 愛媛大学大学院医学系研究科 法医学講座
本村 あゆみ 国際医療福祉大学 医学部 法医学

簡易薬物検査キットの結果よりも種々の情報収集?
演 者: 奈女良 昭 広島大学大学院医系科学研究科 法医学

死体アルコールの中毒学的特殊性
演 者: 守屋 文夫 川崎医療福祉大学 保健看護学部 保健看護学科

薬物検査結果から死因を判断する
演 者: 高橋 玄倫 神戸大学大学院医学研究科 法医学分野

中毒死を見逃さないために
演 者: 本村 あゆみ 国際医療福祉大学 医学部 法医学

臨床からの分析依頼の実情とその問題点
演 者: 奥田 勝博 旭川医科大学 法医学講座

千葉大学における法中毒学分析の取り組み、法中毒学講座の創設と今後の展望
演 者: 永澤 明佳 千葉大学大学院薬学研究院 法中毒学研究室